トップページ ≫ 車両表示板 ≫産業廃棄物収集運搬基準

産業廃棄物収集運搬基準

産業廃棄物を運搬する場合には、次の基準を遵守しなければなりません。

なお、これは産業廃棄物処理業者が収集運搬するときだけでなく、事業者が自ら運搬するときについても遵守しなければならないものです。

① 産業廃棄物の収集又は運搬は、次のように行うこと
  • 産業廃棄物が飛散し、及び流出しないように行うこと
  • 収集又は運搬に伴う悪臭、騒音又は振動によって生活環境保全上支障が生じないように必要な措置を講ずること
② 産業廃棄物の収集又は運搬のための施設を設置する場合には、生活環境保全上支障   が生じないように必要な措置を講ずること ③ 運搬車、運搬容器及び運搬用パイプラインは、産業廃棄物が飛散し、及び流出し、  並びに悪臭が漏れるおそれのないものであること ④ 運搬車等を用いて産業廃棄物の収集又は運搬を行う場合には、次のことを行うこと
  • 運搬車等の両側面に、以下の表示を行うこと
  • 運搬車等に、次の書類を携行すること

なお、法令で定められた要件を満たす車両表示板は、本会からでも購入できます。

希望者には、氏名又は名称と許可番号を印字するサービスも行っています(産業廃棄物収集運搬業の許可証を確認させていただきます)。

⑤ 石綿産業廃棄物、破砕しない方法で、かつ、その他の物と混合する
  おそれのないように区分して、収集又は運搬すること
⑥ 産業廃棄物の積替え又は保管を行う場合には、産業廃棄物保管基準等を
  遵守すること
なお、保管上限は、1日当たりの平均的な搬出量に7を乗じた数量です(一部例外があります)。 ⑦ 産業廃棄物の保管は、次の積替えを行う場合を除き、行ってはならないこと
  • あらかじめ、積替えを行った後の運搬先が定められていること
  • 搬入された産業廃棄物の量が、積替えの場所において適切に保管できる量を超えるものでないこと
  • 搬入された産業廃棄物の性状に変化が生じないうちに搬出すること

特別管理産業廃棄物を運搬する場合には、以上に加え、次の基準も遵守しなければなりません。
⑧ 特別管理産業廃棄物による人の健康又は生活環境に係る被害が生じない
  ようにすること
⑨ 特別管理産業廃棄物がその他の物と混合するおそれのないように、
  他の物と区分して収集し、又は運搬すること(一部例外があります)
⑩ 運搬用パイプラインは、特別管理産業廃棄物の収集又は運搬に用いては
  ならないこと
⑪ 収集又は運搬を行う者は、その収集又は運搬に係る特別管理産業廃棄物の
  種類、取り扱う際に注意すべき事項を文書に記載し、携行する、又は特別
  管理産業廃棄物を収納した容器に当該事項を記載しなければならないこと
⑫ 特別管理産業廃棄物の種類に応じた措置を講ずること